« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

蜘蛛

こんなものを買ってきました

明日から合宿なんで

一個105円です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩り部の蚊、遺族

結論から言うと、観なきゃいけない映画です

絶対に

ただ、この映画1本だけで「最高!」とは言いがたい

世界では$¥$の方でいろんな記録を作ってるみたいですけど

そりゃ、そうだよ

だって、前作はすげぇ良かったし、今回のプロモーションも凄かったし、だいだい、これを見ないと3作目は全然分からないだろうしね

俺に言わせれば、アメリカの先行試写のあと、謎の海賊のコスプレをして「最高!! 前作よりもさらにいいわ!」なんて言ってたネェチャンの気が知れない(という俺も、TDLの”カリブの海賊”のショップで買ったTシャツを着ていったんですけど)

簡単に言うと、”マトリックス型”

要は、映画が成功→続編の制作を決定→中途半端な終わり方の2作目→3作目を観てやっと全部理解できる、こんな感じ

1作目+(2作目+3作目)、みたいな

「金、欲しぃーーー!!」っていうオーラがバリバリ出てる終わり方

1作目がホントに良かっただけに、マトリックスのように2作目(大丈夫だったけど)・3作目で大コケしないことを切に願うところです

まぁ、大丈夫だろうけど

だいたい、マトリックスが失敗したのは宗教的な要素を入れすぎたのもあるんだろうしね

というか、もうやめない、こーいうの?

やっぱりさ、シリーズとして評価されるのもいいけど、1本ごとにそれぞれちゃんと起承転結をつけてさ、1本だけでも十分楽しめるように映画はつくるべきだと思うよ

どうしても金が欲しいんだったら、ちゃんと結末をつけても「スパイダーマン2」みたいに、”次回も観ろよ!”みたいな事できるんだからさ

よろしく頼みますよ

とまぁ、グチをダラダラと書いたんですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン  デッドマンズ・チェスト」は”超大作映画の前半”としてはホントに面白かったですよ

所々に織り込まれたジョーク、息を呑むような決闘シーン、なぜかディズニーランドにいるような気にさせるセットとカメラワーク

普通に良かったですよ

いい雰囲気で快調に進んでたんだけど・・・やっぱ終わりがねぇ

次に期待です

最後に、映画のエンドクレジットを全部見ないMother Fuckerどもへ

Fuck!

君らが帰って、エンドクレジットが全部終わった後に、まだほんのちょっとだけ映画が残ってたんでよ

Fuck!

っていうか、前作もあったしね

Fuck!

前作のときは、ボルバッサのサル(名前はジャック)がアステカの金貨を盗んで呪いをかけられるっていうのだったんだけど、今思うとなかなか大事なシーンだしね

Fuck!

今回のも、次回作に向けてマジで大事なシーンだったら、どーすんの?

Fuck!

え?今回の?

Fuck!

教えねーよ

俺、マジで、あーいう人たち嫌いなんで

あと、ケータイの電源を切らないヤツ

たまに、上映中にケータイ見るやつとかもいるけど、後ろから見ててすげぇ気になるの!

止めてくんない?

っていうか、死ねよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目撃!!

映画に行く途中、事故をした車があって救急車がとまってました

見ての通りです

手前の青い車の前側がぶつかってるの、分かります?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリブの海賊

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のDVDを観てました

明日「デッドマンズ・チェスト」を観に行くので、そのための予習です

何事も予習が大切です(※勉強は除く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新生・アイポ

iPod

遂に買いました、iPod!

前のiPodの画面が壊れて以来、ずっと欲しかったんです

60G、46700円

もちろん、そんな大金は手元にないわけで、家族に月2000円×24回のローンを組んで買いました

ムービーとか写真とかが見れるヤツです

夜更かし、暇つぶし、全ての状況において俺の強い味方です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SUDDEN DEATH

サドンデスソース

”サドンデスソース”を買ってきました

その店に置いてある一番辛いソースだそうです

買ったのはもちろん合宿に持っていくためです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

play

play

ギターを弾いてたら、なんと4弦が切れました!

こんなの初めて

何でだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月29日 (土)

現場レポート

さっきまで、海外研修のときにお世話になるホストファミリーの人にメールを打ってました

「よろしく!」みたいな

趣味のこととかいろいろ書いてて、”I'm the Rock'n roller.”って書こうと思ったんですがやめました

「売春☆パラダイス in北京」に言っていた友達に久しぶりに会いました

昨日帰国したそうです

髪型がなんかすごく変わってました

学校から最寄り駅までの道にパトカーが停まってて、なんか物騒な感じになってました

「ここから先は関係者以外立ち入り禁止テープ -警察版-」ってあるじゃないですか?

刑事モノとかでよく見るあの黄色いヤツ

今日、あれの下を生まれて初めてくぐりました(警察がはがし忘れてたみたい)

すげぇ貴重な体験をしました

写真は、黄色いテープをはがした後の現場の模様です

以上、Tommy Mansonが現場よりお伝えしました

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3時ですけど、何か?

さっきまで、録画しておいた「新・キッズウォー2」を見てました

35話ぐらいから見始めて、今日の45話で"おしまい"でした

相変わらずツッコミどころ満載なんですが、今日の最終話には感動!

我ながら、不覚でした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

初体験

さっき、電車で寝てたら気付かないうちに成増(終点)についてて、車掌さんに、

トントン、「終点だよ」

って起こされました!

こんなの初めてです

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月27日 (木)

Rape Me

今日は部活に行くはずだったんですが、昨日の夜に軽音楽部の友達から電話があって「明日スタジオ借りたから来てくれない?」ということになり、そうなりました

スタジオは高田馬場にあって、学校にギターを持っていって講習後に直行!

高田馬場に着いてから少し時間があったので、NIRVANAの「In Utero」のバンドスコアと滑り止めがついたピックと親指にはめて使うピックを買ったんですが、親指にはめるヤツが本気で使いづらい

長いし、硬いし、持ちづらい

最悪です

滑り止めがついたやつはFERNANDESのなんですが、これはなかなか便利

スタジオを使うのは初めてだったので、異様にテンションが上がってしまい、3時間はあっという間に過ぎてしまいました

ただ、あんまり練習してなかったのがバレてしまい、ちょっとハズカシかったです

8月中は合宿とか海外研修とかで全然ギターが弾けないので、文化祭までに間に合うか若干不安ですが、頑張りたいと思います

というか、夏休みの宿題がホントに終わりそうにないんで、マジで頑張りたいと思います

(ここから先は、洋楽に詳しい人じゃないと分からない内容が含まれています)

「In Utero」のバンドスコアを買ったのは、例のアノ曲のスコアが欲しかったから

というのも、軽音の友達にお願いして一曲だけ俺セレクトの曲を演奏することになったので、”Smels Like Teen Split”にしようかとも思ったんですが、ライブで演奏するなんてめったにないことなんでアノ曲にしました

今から凄く楽しみです

それにしても、ELLEGARDENの曲を5曲やった後にアノ曲をやるなんて、なかなかですよね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

ポイントで

こないだCDとかを買った時に貯まったポイントを使って、HMVで買ってきました

3500円がタダなんていいですよね

今日は昼テレビでやってた「学校の怪談3」を観ました

少し前の映画なので、CGははっきり言って凄くレベルが低いんですが、低いなりに色々工夫してあって楽しめました

ただ怖いだけじゃなくて(というか、怖くないんですが・・・)、クスッと笑えるところや感動させるようなところもあり、ストーリーが面白かったです

夜、買ってきた「サウスパーク 無修正映画版」を観ました

いやぁ、ホントに面白かったですよ

あそこまで行くと、”皮肉”とか”社会風刺”とかじゃすまないと思いますが、あの”下品さ”や”卑猥さ”がたまらない

ゴチャゴチャ言う前にまず観るべき映画です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月25日 (火)

New!

大宮から帰る途中、MTBから突然”ガチャ”とかいう嫌な音がして進まなくなりました

変速ギアのワイヤーが劣化により伸びていて、それでギアチェンジがうまくいかず、写真の矢印のところの部品(名前を忘れてしまいました)がありえないような方向に曲がってしまって、それがタイヤにからまってしまったことが原因でした

すげぇ歩いてサイクルショップに行って、ワイヤーとその部品を新しいのと変えてもらいました

4000円ほどかかったんですが、ギアのチェンジが円滑になり乗りやすくなったので良かったです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

break

図書館に行く途中、壊している家がありました!

圧巻でした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

悪循環

さっきまで、テレビで月曜映画の「レッド ウォーター」を観てました

たいした映画ではなく、「ジョーズ」と「アルマゲドン」の前半を足して2で割ったような感じでした

{(ジョーズ)+(アルマゲドンの前半)}÷2

みたいな

もう4時です

・・・夜更かし万歳!

俺、完全に壊れました

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

安部清明

なんか、テレビでやってた「陰陽師Ⅱ」を観ちゃいました

いろんな意味で面白かったですよ

とういか、なんか「リストラ戦隊ヤメルンジャー」みたいな戦隊モノを見てる感じでした

悪役(と言って良いか分りませんが)のメイクとか爆発シーンとか

まぁ、そーゆーの見ないんでよくわかんないんですが、とりあえずそんな感じでした

一番面白かったのは最後のシーン「これはフィクションです」みたいなのがでたことかな

そんなもんです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

進化

進化

こんな感じになりました

| | コメント (0) | トラックバック (2)

¥0

¥0

こないだ楽器店でタダでもらったステッカーをギターに貼りました

なんかイイ感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月23日 (日)

名古屋

名古屋

名古屋で驚いたのは、なんと言っても車が多い事!

なんと、片側4車線の道路があるんです!!

あれはマジで驚きました

計8車線ですよ!

超びっくりでした


それと、スケボー用のハーフパイプが街のいろんなところにあるんです


あと、MTBが多かった


そう言えば、外国人も多かったなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月22日 (土)

しゃちほこ

用があって名古屋に来てます

親が昔住んでたらしいです

広告とか街並みとかは池袋や渋谷とあんまし変わんないんですが・・・なんか馴染めねぇ

というか、理解できない

地下鉄に乗ったんですけど、混んでるのに全然座席が空いてたり、でかい声で喋ったり

というか、どこでも声がでかい

ホテルのロビーでも普通に、

「お疲れ様でーす」

とか言ってるし

なかなか、耐えがたいです


さっきエレベーターで、どう見てもYA!KU!ZA!な人と乗り合わせてしまい、超怖かったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぁ

昨日はハウルの記事を書いてる途中、親といろいろあって書き終える事が出来なくなり、中途半端な記事になってしまいました

後日書き足します

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月21日 (金)

ハウルの動く城

観ましたよ

ホントは観るつもりじゃなかったんですけど、「金曜ロードショー」のおじさんが映写機をクルクルまわしてるのを見て、何かテンションが上がっちゃって観ちゃいました

| | コメント (0) | トラックバック (5)

帰り

なんか、武蔵野線が遅れてるんですけど

Fuck!

どっかで木が倒れてたらしい

Fuck!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

fuckin'東上線

なんか、9:29に北池袋で人身事故があって、池袋〜和光市間で運転見合わせてます

今、レスキュー隊が救出活動をしてて、復旧には相当時間がかかるみたい

講習会間違いなく遅れます

できれば俺をレスキューして欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年7月20日 (木)

ダラダラ

今日は、肩が痛かったので部活を休みました

ここ何日か、突然連続で部活に出た為だと思われます

無理は禁物です

今日は学校で講習があって、それが終わって家に帰ってきてひたすらダラダラしてました

ふぅ、疲れた

何にもしてないけど

そろそろ寝ます

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年7月19日 (水)

疲れた

今日は通知表が返ってきたんですが、あえてその話には触れません

夕方、楽器店にギターの弦を買いに行ったんですが、そのときにちょうど店の人が在庫のスティッカーを捨てるか捨てないかみたいな話をしてたので、

「捨てるんだったら下さい!」

って言ったら、タダでいくつかもらえました

ラッキー!!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年7月18日 (火)

2級合格!

今日、塾で漢検2級の合格証書をもらってきました!

俺、合格したんです、漢検2級に!

・・・といっても、俺に2級相当の実力があるとは思えないんですけど

というか、前にも書いたようにテストを受けたときに辞書を使ったんで、合格して当然なんです

とりあえず、こういう資格とかは一生モノなんで、大事にします

今週から、塾の校舎の場所が変わってて、異様に広くなっててビックリ!!

座席数も倍になってて、なんか寂しい感じさえしました

| | コメント (0) | トラックバック (5)

不眠不休

さっきまで、4chの"月曜映画"でやってた「ジキル博士はミス・ハイド」っていう映画を観てました

現代版「ジキル博士とハイド氏」みたいな感じのラブコメで、なかなか面白かったです

ラブコメと言っても、ジキル博士とハイド氏の攻防が主で、主人公(ジキル博士)とそのフィアンセとの恋愛描写は稀薄だったので普通のコメディとして楽しめました

それにしても、深夜テレビでやってる映画って意外と面白いですよ

たまーに、すげぇいい作品に出会えたりなんかして、しかも深夜だから異様にテンション上がったりするときがあるんです

日本で公開されなかったような映画もたまにやってるしね

深夜のテレビの映画はオススメです

| | コメント (0) | トラックバック (5)

18禁

今、NHK教育でイモリの生殖についての番組がやってる

超エロい

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年7月17日 (月)

Sexy Boy

さっきまでShawn MichaelsのDVDを見てました

Disc1とDisc2があって、まだ1しか見てないんですが本当に凄かったです

とりあえず、10年以上も入場曲・フィニッシュムーブ・キャラクターをほとんど変えずにやっていけとることがスゴい

ホントにスゴい

何でだろう?

WrestleManiaⅩⅡを見たらその理由が分かったような気がしました

WrestleManiaⅩⅡのメインはShawn Michaels対Bret Hertのアイロンマン・・・ではなくアイアンマン・マッチ

俺は今回初めて見たんですが、60分間(この試合は延長サドンデス形式になったので、正確にはそれ以上)もプロレスの同じ試合を見ても全然飽きないんです

あんなに惹きつけられる試合は初めてかもしれません(STONE COLDの試合は除く)

前半、というか試合開始から2/3くらいは全然単調な試合で、スリーパーとかヘッドロックとかそんなのばっかりなんですが、それでも飽きないんです

しかも、10年も前の試合ですよ

普通じゃ考えられないですよ

Bret Hert強い!!

あのリングを支配するオーラ、というか存在感には驚きました

しかも上手い!!

力で圧倒するだけじゃなくて、上手いレスリングが出来るから良いんです

ラストのシャープシューターは圧巻でした

それに劣らず、Shawn Michaelsも凄かった!

あの忍耐力はハンパじゃないですよ

しかも、技が綺麗なんです

見てて気持ちがいいくらい、技が綺麗で見惚れてしまいました

あれが観客を魅了するプロレスですよ

今日見たDVD、特にWM12のメインはのhawn Michaels対Bret Hertの試合は本当に凄かったです

今まで見てきた中で最高クラスの試合でした

機会があれば一度見てみることをお勧めします

| | コメント (0) | トラックバック (5)

TV!

今夜の「ベストヒットUSA」は野球だから延長!、と思い23時24分までPCの前にいて、それからTVをつけたら・・・、やってるぅ!

なんでぇ?

どうしてぇ?

新聞のテレビ欄には「延長あり」って書いてあったじゃん!!

最低!

テンションは、ガン落ち!!

オープニングのゲストのORSONのインタビューも聞きたかったし、「No Tomorrow」のビデオも見たかったのに

マジ最悪!

30分しか見れなかったこともあって、今夜のベストヒットは収穫なかったなぁ

Nelly Furtadoの「Promiscuous」がランキングで3位になってたから、明日CD買おう

こないだ、というか一昨日のバカ買いめちゃめちゃポイント貯まってるから、タダ同然で買えるしね

ちなみにこないだので135pくらい貯まりました

ベストヒットは半分しか見れなかったけど、見れないつもりだった「Showbiz Countdouwn」が見れました

今日はいつものナレーションも人が病気でお休みらしくて、別の人がやってたんですが、それがなかなか良い感じでして・・・

いつもの人はなかなかパワフルな声でズバズバと映画とかの批評をするんですが、今日の人はなんかカワイイ感じの声とか話し方でシュールな批評をして、そのギャップが見てて楽しかったです

しかも、「スパイダーマン」の予告編も見れたんで大満足!!!

収穫、大でした

もう一時過ぎかぁ・・・

寝ようっと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月16日 (日)

ダラダラ

今日は一日中ダラダラと過ごしました

昼寝もしたしね

イベントといえば、午前中にゴルフの打ちっぱなしに行ったぐらい

久しぶりにやったら、アイアンが全然飛ばない!

自分でもビックリしました

ドライバーはそこそこ飛ぶようになったんだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

週刊ゴング

今日映画の帰りに読んだんですが、今週の週ゴンの126ページの「Smack Down!」のコーナーの上から3番目の写真の説明のRay Mysterioのフィニッシュムーブの名前が、「619」じゃなくて「919」になってました

どうでもいいけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M:i:Ⅲ

今日観た「M:i:Ⅲ」ですが、最高に面白かったです

いつも通りイーサン・ハントはカッコ良く、ほとんどをスタントを使わずトム・クルーズが演じてるだけあって臨場感は最高!

アクションは言うことなしです

トム・クルーズの老け具合というか貫禄も「訓練教官」というキャラ設定にマッチしてて、ぴったり過ぎるくらいぴったり

ストーリもうまい具合に複雑で、ラストの方は若干分かりづらいような気もしますが、それくらいが丁度良いんだと思います

ただ、今回はお決まりの「ラスボスとの決闘シーンのギリギリセーフ」がなかったのがちょっと残念かも

あと、ハントの婚約者がタフ過ぎ

いくら医者か看護婦だからって、目の前で人が死んだり、銃で人を撃ったりしてなんであんなに平常心でいられるんだ?、と思ったりもしますがそこら辺はご愛嬌

やっぱりイーサン・ハント=トム・クルーズはカッコ良いということを、再確認させられた映画でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6000

今日はHMVがポイント3倍!

・・・ということで、一日で22320円も使ってしまいました

金を使うのが楽しい!!!!!!!!!!!

この日のために2ヶ月かけて貯金した甲斐がありました

この異様に長いレシートを見るのが快感!!

たぶん俺、病気です

いや、間違いなく病気、ビョーキです

買ったのは、

DVD

SIN CITY

この映画は15禁なんですが、劇場で公開してたとき(当時14歳)近くに住む城北生の友達(もちろん同い年)と観に行って、ヤツは入場ゲートを普通に通過したのに、俺だけ係員に止められて「学生証を見せて」見たいな事を言われてムカついた思い出があります

ナイトウォッチ

この映画は「春休み単館映画強化期間」に見た映画で、ロシアの映画なんですが、CGがハンパない!!

ILMもビックリ、みたいな

超おススメ!

WILD BOYS」 2thシーズン

VIVA LA BAM」 2th、3thシーズン

元jackassのクルーがおくる、超おバカシリーズの続編です

ちなみにどちらもファーストシーズンが見終わってません

CD

Andrew W. K. 「Close Calls With Brick Walls」

Shakira Feat. Wyclef Jean 「Hips Don't Lie」(シングル)

Fatboy Slim 「The Greatest Hits: Why Try Harder」

Panic! At The Disco 「A Fever You Can't Sweat Out」

Primal Scream 「Riot City Blues」

今日買ったCDで、俺のiTunesの総曲数は6046となり、6000曲を突破しました

それにしても、長いレシートはホントに快感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mission:possible

「M:i:Ⅲ」を東武練馬のワーナーマイカルで観てきたんですが、なんと帰りにO塚に遭遇!!

映画を観終わって、東武練馬の駅について、ベンチに座って「ふぅ」ってしたら、目の前にO塚がぁ!!

いやぁ、びっくりした!

なんで、いるの?

東武練馬だよ、ここ

っつーか、何やってるの?

気づかれたらマズいんで、急いで逃げました

[Mission:気付かれずに脱出せよ]みたいな

まぁ、全然[impossible]じゃなかったけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ozzy

この前、図書館から借りてきたOzzy Ozbourneのアルバムが非常に良くて、それ以来ハマってます

その時はなんとなく借りてきたんですが、家に帰って聴いてみたら仰天!

早速さいたま市内の図書館にあるBlack SabbathとOzzy Ozbourneのアルバムを全部予約して、聴きまくってます

眠いので良さを伝える文がうまく書けませんが、とりあえずハンパなく良かったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日遅れですが・・・

昨日、というか一昨日、チャリで学校に行ったときの画像を載せときます

この写真は帰るときに撮ったもの

一昨日は疲れてて、家に帰ったら即寝てしまい更新できませんでした

昨日は法事があった関係で、親戚の伯父さんが家に泊まってくれてて、夕食後に戦争のときの話とかをしてくれて、気が付いたら日付が変わってました

いろんな話をしてくれて、なかなか面白かったです

兵隊の階級は、「大将・中将・少将、大佐・中佐・少佐、大尉・中尉・少尉・准尉、曹長・軍曹、伍長、兵長、上等兵・一等兵・二等兵」ってなってるとか

ちなみに、その伯父さんは4年程軍隊にいて、中尉までなったそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

今日は法事の為、部活を欠席致します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

記録

総走行時間 : 1時間17分36秒

A.V. : 17.2㎞/h

総走行距離 : 22.37㎞

最高時速 : 38.0㎞/h

| | コメント (0) | トラックバック (1)

学校到着!

正門前で写メを撮ろうと思ったんですが、城北生が多すぎてできませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京都!

東京都!

板橋区!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発!!

出発!!

いよいよ学校に向けて出発です

さっきネットで地図を調べてみたら、意外と家から近いことがわかったので、

所要時間 :1 時間半

A.V. : 25㎞/h

を目標に頑張りたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

MTB

今日はMTBで部活をしに学校まで行きました

・・・っていう記事を書くはずだったんですが、いろいろあって今日は部活に行けませんでした

寝坊とか、いつもみたいに「面倒だから」とかじゃなくて今日はちゃんとした理由があるんですけど

どうせ、「微熱があって、咳がでます」とか言っても、信じてもらえないしね

明日こそ、学校までMTBで行きます!

必ず!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

pogo

今日、生まれて初めて「ポゴ」が出来ました!

「ポゴ」っていうのは、MTBの技(アクション)の一つで、要は”前方へのジャンプ”

簡単そうに聞こえますが、実は結構難しいんです

まぁ、何も無いところで自分が乗ってるチャリを宙に浮かせるわけだから、難しくて当たり前なんですけど

でも、うまい人にとっては基本中の基本らしいです

これをステップに、これからも日々努力します!!

次の目標は「ウィリー」制覇!

あのよく見る、前輪を浮かせてこぐヤツです

3~5mくらいは出来るんですが、安定してこげるようになるには、まだまだです

早速、明日から練習です

「ポゴ」「ウィリー」などの詳しい説明は、このブログの”Favorite site”のところの「万点バイク」というサイトにアクセスし、「技」というところをクリックすれば出てきます

このサイト、超おススメです!!

写真は、図書館の駐輪場にて

| | コメント (1) | トラックバック (2)

すみませんでした

今日、久しぶりにPCから更新してるんですが、なんとテスト中にも関わらずコメントを書いてくださっていた人がいました!

本当にありがとうございました!!

今まで携帯から更新していたので気付かず、シカトしてるみたいな感じになってしまいました

せっかく書いてくださったのに、すみませんでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ShakilaのためのW杯

さっき、録画しておいたW杯決勝を見ました

正確に言うと、”W杯決勝直前のパフォーマンス”を見ました

俺はこのパフォーマンスを、大会が始まる前から1ヶ月以上楽しみにしていました

というのも、歌うのが・・・Shakilaだからです

このブログでも幾度となく紹介してきたコロンビアの天才、Shakila

基本的にサッカーに興味の無い俺は、「ジダンが引退するなら、フランスに優勝させてやれば良いじゃん」とか言いながら、このShakilaのパフォーマンスを本当に楽しみにしていました

見ての感想なんですけど、パフォーマンスは凄く良かったんですが・・・実況と解説のやつがうるさ過ぎ!!

Fuck!

オイ実況、Shakilaが歌ってんだから黙っとけよ、オマエは

Fuck!

解説のヤツも、「早く試合が見たい」とか言ってんじゃねーよ、シバくぞ、コラ

Fuck!

なんで、お前らはShakilaが歌ってんのに、なんで意味もなくしゃべり続けるんだ?

Fuck!

お前らがそんなに意味もなく熱くなったって、試合するのは選手達なんだから、関係ないだろ

Fuck!

だいたい、W杯なんてどうでも良いんだよ

Fuck!

少なくともShakilaが歌ってる間は黙っとけ、この野郎!

Fuck!

Fuck! Fuck! Fuck!

と、まぁ、若干興奮してしまいましたが、要するにそういうことです

Shakilaのパフォーマンス自体は凄く良かったですよ

テストが終わったら、確かフジテレビだったと思うので、電話してやろうと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数の神秘

今日は休み明けという事で、いっぱいテストが返ってきました

特筆すべきは、化学

平均67点で俺66点

なかなかイイ感じ

詳細は、表53点・裏3点

そう、53+3が66なんです

これってスゴい事だと思いませんか?

数の神秘とはまさにこの事

数学の神に感謝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必須アミノ酸

必須アミノ酸

恐ろしい老人、笛に、飯(メシ)鬼、ストリップバー、羊


イソロイシン・ロイシン・リジン、フェニルアラニン、メチオニン、スレオニン・トリプトファン・バリン、ヒスチジン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜更かしに乾杯!

夜更かしに乾杯!

昼寝全然勉強しなかったので、テスト対策がまったくできておりません!!

終わったら寝ます

・・・終わればいいんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

できるかな?

できるかな?

できるかな?

できるかな?

できるかな?

できるかな?

休日はこんな感じで過ごしてます

ホントはムービーだったんですが、載せられなかったのでキャプチャーしました

後ろにあるのはSTAR WARSのポスターです

今日、テレビでやってたゴルフを見たあと昼寝をしたんですが、その時見た夢がスゴかったんです!!

長くなりそうなんで後日書きます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

FUCK

FUCK

今日図書館から借りてきた本なんですが、なかなかFunkyですよね

オーストラリアに行く際には、「FUCK」の活用形だけはマスターしておきたいものですね

| | コメント (1) | トラックバック (1)

SUCK IT!

SUCK IT!

今から2002年の特番「VENGEANCE」のDVDを見ます

終わるのは5時半頃

夜更かし万歳!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年7月 7日 (金)

Lesson4 Ignaz Semmelweis - Doctor Death

1840年代、謎の殺し屋がウィーンの病院の廊下をうろついていました。多くの女性や赤ん坊が亡くなり、次が誰の番なのか誰も分かりませんでした。手本のような調査を進めていく中で、ハンガリー人の医者、イグナーツ・ゼンメルヴァイスはその殺し屋を見つけ、こんにちでも依然として極めて重要である教訓を私達に教えてくれたのです。

 イグナーツ・ゼンメルヴァイスは、1818年、ブダ市に生まれました。(ハンガリーの現在の首都であるブダペストは、ブダとペストの二つの古い都市から成り立っているのです。ブダの方が小さい市で、ドナウ川の西の丘の上につくられているのです。ペスト市は川の東の低い平地に位置していて、ゼンメルヴァイスの時代には時々ドナウ川の洪水に見舞われたのです。)ゼンメルヴァイスは最初にペストの大学に行き、次にウィーンの大学に行きました。彼は1844年大学を卒業して医者になりました。専攻は出産の学問である産科学でした。
 その当時、ヨーロッパの大抵の女性は家で出産しました。しかし、家で自分たちを助ける人が誰もいない人々や、特別な医学的な手助けを必要とする人々は、赤ん坊を生むために病院に行ったのです。不幸にもこのような女性の多くは産褥熱と呼ばれる病気にかかり、大勢が亡くなったのです。いくつかの病院では赤ん坊を生むために入院した女性の4分の1もの人々が産褥熱で亡くなったのです。
 その病気は全くの謎でした。何が病気の原因なのか誰も知りませんでした。そして、病気の予防や治療の仕方を知っている人は誰もいませんでした。ゼンメルヴァイスやウィーン総合病院の上司を含めた多くの医者が、産褥熱は出産に伴う通常の危険の一つに過ぎないと信じていたのです。それを防ぐために医者が出来ることは何もない、と彼らは考えていました。
 ゼンメルヴァイスの病院では、出産のための2つの部、第一産科部と第二産科部がありました。ゼンメルヴァイスは第一産科部に勤務していて、第二産科部よりもはるかに産褥熱の状態が悪いことを知って悲しく思ったのです。1844年、第一産科部の3157人の母親のうち、260人が産褥熱で亡くなりました。それは8.2%にあたる。次の2年間、第一産科部の数字は6.8%、11.4%でした。しかしながら、同じ3カ年に渡る第二産科部の数字は2.3%、2.0%、2.7%でした。もし、産褥熱が出産に伴う「通常の危険」に過ぎなかったのなら、なぜ第一産科部の方がはるかにひどい状態なのでしょうか。ゼンメルヴァイスは第一産科部でなにが問題なのか解明しようと決心しました。
1つの説はよく分からない伝染病が原因だ、というものでした。ゼンメルヴァイスはすぐにこの考えを拒否しました。なぜ、これらのよく分からない伝染病の影響が病院の外よりも病院の中の方が強いのでしょうか。(産褥熱はウィーン全体としては非常に稀だったのです。)なぜ、第二産科部よりも第一産科部の方が産褥熱の勢いが強いのでしょうか。本当の伝染病ならそれほど選り好みしないはずです。
もう1つの説は過密に原因があるというものでした。しかし、ゼンメルヴァイスは第二産科部の方が第一よりも混雑しているという事実を指摘したのです。なぜなら、患者は悪名高い第一産科部を必死になって避けようとしたからです。食事もまたその原因ではありえないのです。2つの部の患者は同じ食べ物を与えられていたのです。
 その原因は心理的なものである、と考えた人々もいました。患者が死にそうになっている時、牧師が呼ばれるのです。そして、牧師には助手がいて、死にそうな人の所に歩いて行って、鐘を鳴らしたのです。病院の設計が原因で、牧師は死にそうな人が入れられた病室に行くために第二ではなく第一産科部を通らなければならなかったのです。だから鐘の音とそれが引き起こす死の思いから、第一産科部の女性のほうが産褥熱にかかりやすいのだと考えられたのです。
 ゼンメルヴァイスはこの考えを試す手筈を整えました。彼は牧師を説得して鐘を鳴らすのをやめてもらい、第一産科部を避けて病室まで遠回りをするようにしてもらったのです。あいにく、産褥熱にかかる率は高いままだったのです。
 ついに1847年の初め、ある事故によってゼンメルヴァイスは必要とする手掛かりを得たのです。別の医者と1人の学生が死体を調べていて、学生のメスが誤って医者の指を切ってしまったのです。その医者は結局亡くなったのですが、ゼンメルヴァイスが産褥熱で亡くなった女性に見てきた同じ症状の多くを示したのです。
 ゼンメルヴァイスは、学生のメスによって何等かの「死の物質」が医者の血流に入り、それが一種の毒として作用したのだと推測しました。おそらく産褥熱もまた、一種の敗血症ではないのだろうか。
 その当時、医者や医学生が死体の検査から直接、生きている患者の世話に行くのは普通だったのです。彼らは大抵確かに手を洗ったのですが、徹底的に洗うことはなかったのです。そして彼らの手は悪臭を放つことが多かったのです。ゼンメルヴァイスは新しい理論をはっきりと試す機会を設定しました。彼はすべての医学生に死体を検査した後特別な液体に手を浸して洗うように命令したのです。産褥熱の症例はすぐに下がり始め、1848年には第一産科部の発生率はわずか1.27%だったのです。200以上もの生命が救われたのです。
 ゼンメルヴァイスの理論はすべての事実を説明できるのでしょうか。第二産科部の患者は、助産婦によって面倒を見られていました。そして彼女らは死体と共に働くことはなかったのです。第一産科部の患者は医者と医学生によって面倒を見られていました。従って、ゼンメルヴァイスの理論は第一と第二の違いを非常にうまく説明してくれたのです。
もう1つの奇妙な事実がありました。それは産褥熱で死んだ赤ん坊は、出産の前にその病気にかかった母親から生まれたのが普通であったということなのです。生まれた後で母親がその病気にかかった赤ん坊は大抵、生き残ったのです。ゼンメルヴァイスの理論はこの事実をも説明したのです。彼は、その病気は血液を通じて母から子供へ伝えられるのだと言ったのです。
 おそらくゼンメルヴァイスの考えは現在の私達にとって明らかなように見えるのです。しかし、その当時この考え方は非常に奇妙で新しいものに見えたのです。ゼンメルヴァイスの上司は強く彼の考えに反対し、ゼンメルヴァイスはまもなくウィーンを去ってペストに戻りました。彼の考えはハンガリーと若いオーストリア人の医師の間で受けいれられましたが、大抵の権威筋は拒絶しました。彼は母親や赤ん坊が不必要に死ぬことに対して憂鬱な気持ちになり、そして1865年には彼はすっかり健康を害してしまったのです。
しかし同じ年、ジョゼフ・リスターはゼンメルヴァイスの考えを事故や外科の手術によって開いた傷口に応用し、これによってより多くの生命が救われたのです。リスターはゼンメルヴァイスについて次のように言っています。「私は大いなる称賛の気持ちを持って彼とその業績について考えざるを得ないのです。そして、最後に彼が当然受けるべき尊敬を得られたことを思うと、私は喜びで胸が一杯になるのです。」もちろん、こんにちではみんな医者や病院はことの他、綺麗でなければならない、ということを受け入れているのです。
 しかし、この物語から学ぶべきもう一つの教訓があるのです。ゼンメルヴァイスは医学において、科学的な研究をどのように行うか私達に教えてくれたのです。彼は注意深く可能な原因をすべて挙げ、知られている事実や注意深く計画された実験に照らし合わせて1つずつこれらを検証したのです。明瞭な思考や組織的な方法により、彼は混乱や無知、偏見を乗り越えて、何千人もの女性を殺した真の殺し屋のところにたどり着いたのです。しかし、その殺し屋が自分自身であったことが分かったときの彼の驚きを想像して御覧なさい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

Lesson3 Bus Boycott in Montgomery

マーティン・ルーサー・キングはジョージア州の首都であるアトランタで生まれました。その当時、ジョージア州は黒人と白人を別々にしようとしていました。彼らの標語は「別々しかし平等」。これは、黒人の子供達が違う学校に行くことを意味しました。彼らの両親は街の違う場所に住み、違うレストランで食べ、違う映画館で古い映画を見ました。マーティン・ルーサー・キングは成長してその全てを変えました。
 彼が高校生だった時、マーティン・ルーサー・キングは学校へ行くのに毎日バスに乗らなければなりませんでした。しかし、その当時、黒人はバスの前の方の席に座ることを許されていませんでした。彼らは後ろの席に座らなければなりませんでした。後に彼は回想しました。「私は自分の体と共にあのバスの後ろへ行かなければならなかった。しかし、私がバスに乗る度にいつも、前の方の席へ心を残していった。」
 14歳の時に、彼は別の市のスピーチコンテストで優勝しました。彼が家に帰る途中、彼と彼の先生はバスの席を無理矢理白人に譲らされました。彼らは140km以上も通路に立っていなければなりませんでした。彼は言いました。「あの夜は決して私の記憶から去ることはないだろう。私はその時ほど怒ったことはない。」
 キングが優秀な生徒で、生まれながらのリーダーであることは明らかでした。彼は医者か弁護士になることを考えましたが、最後に彼は父のように牧師になることを決心しました。1955年、キングが26歳の時に、彼はアラバマ州の首都であるモントゴメリーにあるパブティスト教会の牧師になりました。その年の12月、ある黒人女性ローザ・パークス夫人が、白人にバスの席を譲るのを拒否したという理由で警察に逮捕されました。その後に続く抗議運動のリーダーとしてマーティン・ルーサー・キングは世界的に有名になりました。
 パークス夫人は12月1日に逮捕されました。その次の日、地元の黒人社会の指導者が会合を開いて、12月5日、つまりパークス夫人の裁判の日にバスの不乗車運動をすることを決めました。モントゴメリー市内のバスの利用者のうち、約70%は黒人が占めていたのです。もし、黒人達が彼らの指導者のアドバイス、「仕事、街、学校、その他どこへ行くのにもバスには乗るな。タクシーに乗るか、車に相乗りをするか、もしくは歩け。」に従えば、これはバス会社にとっては深刻な打撃となるでしょう。パークス夫人は、市の人種隔離法に違反したとして有罪になり、10ドルの罰金を科せられました。しかし、ボイコットは大成功でした。普通なら黒人でいっぱいになるバスが、12月5日には空っぽだったのです。
 同じ日の夕方、大規模な集会がありました。何千人もの黒人達が正義と平等のために戦おうと堅く決意して会議にやってきました。そこで新たな組織「モントゴメリー改善協会」が作られ、マーティン・ルーサー・キングはその代表に選ばれた。そしてバス会社が黒人と白人を平等に扱うまで、バスの利用をボイコットすることに全員が同意しました。
 それから一週間以内に、MIAは約300台の車を集めて乗り合いグループを組織し、学校や仕事場への送り迎えをしました。たくさんの人々が歩き、そして歩くことそのものが抗議の表明になりました。ある時、乗り合いグループの運転手が明らかにつらそうに歩いている老婆の脇に止まりました。
「乗りなよ。婆さん。」運転手は言いました。「歩く必要なんかないよ。」
彼女は運転手に対して先に行けと手を振りました。「私は自分のために歩いているんじゃないよ。」と彼女は説明しました。「私は自分の子供や孫のために歩いているんだ。」

マーティン・ルーサー・キングは、抵抗運動は非暴力でなければならない、と何度も言いました。彼は聖職者として、キリスト教徒は自分達の敵を愛さなければならないというイエスの教えを信仰していたのです。キング達は、インドにおけるイギリス支配に対して行われていた、マハトマ・ガンジーの非暴力運動にも影響されました。人々が彼についての嘘の噂を流したり、もしくはキングは悪いリーダーだと自分の友達を説得しようとしたりした時は、キングは当然ながら腹を立てました。しかし彼は、自分自身に言いました。「敵の怒りに耐えなければならない、それでいて怒りを返してはいけない。どんなに敵が感情的になっても、お前は冷静でなければならない。」
 1956年1月の終わり頃、警察は交通違反で乗り合いグループの運転手達を逮捕し始めました。キング自身も、制限速度25マイルのところを時速30マイルで走ったとして逮捕されました。彼は一晩監獄に入れられましたが、そこでも人種隔離がありました。キングは白人の囚人とではなく、黒人の囚人と一緒に監禁されました。
 同時に、キングは30か40の脅迫電話や手紙を毎日受けていました。彼を殺害する計画の噂もありました。そして1月30日に誰かが彼の家に爆弾を投げました。キング自身は会議で外出していましたが、奥さんと幼い娘はそこにいました。大勢の怒ったMIAの支持者たちが家の周りに集まりましたが、奥さんと娘が無事だと分かった後、キングは彼らに言いました。
「私達は法と秩序を信じている。武器は手に取るな。剣に生きるものは剣に滅ぶ。私達は敵を愛したいと思う。」
 2月になると、警察は100人を超えるMIAの支持者達を、ボイコットを禁止する古い州法に違反したとして訴えました。彼らのリーダーとしてマーティン・ルーサー・キングは3月22日に裁判にかけられ、そして有罪にされました。この事件は最高裁判所に上告され、1956年の11月、モントゴメリーでのバスのボイコットが続いている中で、バスの人種隔離はアメリカの憲法に違反しているという判断が下されました。マーティン・ルーサー・キングは、これは「白人に対する勝利」ではなく、「正義と民主主義のための勝利」だと主張しました。彼は黒人たちにまたバスを利用して「敵が味方に変わるくらい愛情深くなるよう」促しました。
 自伝の中で、キング牧師はモントゴメリーのボイコット運動を「アメリカの黒人にとっての心理的な転換点」と呼んでいます。そのボイコット運動は、よく組織された非暴力的な方法で力を合わせることによって、黒人たちは成功することができるのだということを明らかにしました。この事件は、彼らの主張は正しいというメッセージを国全体に送ったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

Power of Music

iPodが直ったんで、もう音楽聴きまくりです

レッチリとかエアロとか色々聴いたんですが、中でも良かったのは久々に聴いたEMINEM!

"My Name Is"でブッ飛んで、"Ass Like That"でハジけて、"When I'm Gone"でライムに感動!!

かなり良かったです

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 6日 (木)

WALK THIS WAY!!!!

WALK THIS WAY!!!!

今、RUN-D.M.C.の"WALK THIS WAY"を聴いてマジでシビれてます

ハンパねぇ

詳しくは知らないけど、カッコ良過ぎ!!

マジでハンパねぇ

HIPHOP万歳!

ROCK万歳!


このアルバムも図書館から借りてきたんですけど、ホント図書館って便利だよなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パイルドライバー

今日は期末テスト初日

幸先のいいスタート・・・という訳には行きませんでした

科目は化学と英語と保健

化学は一応勉強したのである程度の点は取れてると思うんですが、英語は勉強しなかったので全然できませんでした

保健は普通

と言うのも、昨日の夜は9時から12時まで寝て、その後勉強するはずだったんですが、3時まで寝てしまい、英語のテスト勉強をする時間がなかったんです

今日の英語のテストの間は、オーエン・ハートにツームストーンを喰らって頸が折れたオースチンみたいな感じで、マジで全然わかりませんでした

まぁ、まだテスト初日なんで、明日からは頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 5日 (水)

情報

今日の情報の授業は映画を観ました

というか、何だかよく分からないんですけど、観せられました

しかも、超B級の映画を

観た映画は「7人のマッハ!!」です

いやぁ、この映画はホントにヒドかった

ストーリーがびっくりするくらい薄いし、なぜか登場人物が相手を倒すときサッカーボールとか使うし、小学生くらいの女の子がテロリスト相手にシャイニングウィザードをキメて、しかもそこでそのテロリストは倒れるし、もう全然意味不明

その上、必要以上にグロいし

だいたい、誰が「7人」なのかもよくわからないし

良い点といえば・・・アクションにワイヤーを使ってない事、それだけです

超B級映画、というか、アクロバティックな映像の寄せ集めみたいな感じでした

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ん?

同じホームに、英語科のDeathそっくりなヤツがいる

・・・っつーか、Deathだ!!

しかも、電車に乗って来ねーし

何やってんだろ、アイツ?

| | コメント (1) | トラックバック (2)

運転再開

結局、15分くらい遅れた


それにしても、物凄い数の人

電車の混み方がハンパない

いやいや、マジで込みすぎ

息しづらいし

「混む」「込む」どっちだ?


異常な音の原因は、小動物とぶつかった事らしい

| | コメント (0) | トラックバック (2)

遅刻

遅刻

武蔵野線が運転見合わせ!

わーい!!

なんか、異常な音がしたらしい

今日は超遅刻ペースだったから、こんなに嬉しい事はない

異常な音、万歳!!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年7月 4日 (火)

仕事

いま、体育祭のしおりの”生徒会長の挨拶”みたいなのを書いてます

若干、面倒な気もしますが・・・仕事なのでちゃんとやります

0塚も、もう少し早く言ってくれればよかったのに・・・

”体育”つながりで、中田英寿、引退メッセージ全文がYahoo!のトップにありました

「本サイトに掲載されている記事・画像等の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。」って書いてあったので、面白いので、全文掲載します

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

削除しました

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月 3日 (月)

初○○!

昨晩、というか、今朝は、PCでいろいろ遊んでて意味不明の夜更かしをしたために、全然寝ませんでした

睡眠時間は1時間半くらい

そしたら今日、案の定学校で眠くなって、2時間目の数学の時間に高校生になって初めて授業の初めから終わりまで全部寝ました!!

全然褒められる話じゃないんですけどね

| | コメント (1) | トラックバック (2)

起床

| | コメント (0) | トラックバック (2)

就寝

| | コメント (0) | トラックバック (2)

The Offspring

さっきまでオフスプのグレイテストを聴いてました

すっっごくイイ!!

ハンパない

捨て曲なし

完璧です

貸してくれたJ塚、Thanks!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 2日 (日)

感謝!!

記事数は140に達し、累計アクセス数がやっと1100を越えた我がブログですが、ここに来てコメントを書いてくれる人が現れました!

嬉しい!

かなり嬉しいです!!

マジ感謝してます!!

これからもなお一層精進致しますので、我がブログをよろしくお願いします!!!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

超幼馴染

今日は、前住んでいた家の近くに住んでいた友達が遊びに来てくれました

楽しかった!

一緒に昼飯を食った後、家に来てくれて、昔の話をしたり、2人で近くの公園でキャチッボールしたりとかもして、ホントに楽しかった

懐かしかった!

彼は、歳は一つ下なんですが、6年間くらい野球を続けてて、キャチボールをしたら俺の手が赤く腫れました!!

それでも、彼曰く「本気じゃなかった」そうで

改めて圧巻!

帰りに、俺の昔の問題集とかを持って帰ってもらいました

本当に今日は楽しい一日でした

今12時前でもうすぐ日付が変わるんですが、7/2(日)は一切勉強しませんでした

何にやってんだ、俺?

テスト前だぞ

でも良いんです、楽しかったから

楽しかったらそれでいい、みたいな毎日を送ってるんで

・・・寝る前にちょっと勉強しようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 1日 (土)

超前向きな記事

たぶん俺、病気です

あんだけ、「嫌い」とか「Fuck!」とか言ってた剣道が、今日は何か楽しかった

間違いない、病気です

そういえば、小橋健太は肝臓ガンになったらしい

今日の剣道の授業

いつものように、チャイムが鳴ってから教室を出発

3分ほど遅刻で剣道場へ

ダラダラと防具をつける

ぬる~く素振り

そして、面をつける

あの、閉塞感がたまらなく嫌い

そして、嫌々打ち込みをする

5本のうち2本くらいしか相手に当てない

だって、当たったら痛いじゃん

集合がかかる

今日は、今までやっていなかった練習をするらしい

「ナントカ稽古」とかいって、試合みたいに相手を打って良いそうだ

・・・面倒くさ

初めはやる気なんか無かった

しかし、ちょっと真面目にやってみると・・・

ん、・・・楽しい!

何か今までみたいに”ヤらされてる感”が無く、すげぇ面白かった

fuckin'面白い

確かに、相手がミスって防具の無いところに竹刀をぶつけて痛かったり、異様なまでに汗をかいたりもしたけど、それらを含めて楽しかった

そもそも、階段を自分から転がるくらいだから竹刀で打たれたぐらいでは全然平気だし、今日かいた汗は今までの”暑いからかく汗”じゃなくて”運動してかく汗”だから気持ちよかった

今日感じた剣道の”面白さ”は一瞬の幻かもしれないけど、この感じをあと2年間忘れずに頑張っていきたい

| | コメント (1) | トラックバック (2)

1000!!!!!!!!!!!!!

累計アクセス数が1000を越えました!!

わーい!

これからも日々精進しまっす!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »